田中 韶一



 
田中 韶一
TANAKA Shouichi

■略歴
1929  第三高等学校理科を経て、京都大学建築学科卒業
  大学卒業までの間、須田国太郎氏より洋画修学。
  三高在学中、京展入選。
  京都にて北脇昇氏、小牧源太郎氏の指導にてシュールリズムを修学。
  又、井島勉教授の美学を受講。
  阿部展也氏の東京下落合アトリエにて、現代美術について指導を受ける。
  卒業後、建築設計業に従事。
  庁舎、病院、ビル、住宅、壁画、モニュメント等作品多数。
  傍ら、前衛作家集団(京都)グループ展、等で絵画発表。三鷹市長賞。
1982  ミロデッサンコンクール入選。
  造形集団新層二人展”花といのちと心に寄せて”等にて発表。
1987  AJAC(All-Nations-$-Japan-Artists-Co)会員
  追々絵画制作に専心する。
  事務局長、副代表を経て、現在顧問。
  東京都美術館展、岡山、福島、九州展。
  マドリッド展、シエナ展(買い上)、ソウル、チャンマイ展出品。
  AJAC賞3回、企画作家賞。
  青枢展に招待出品 等。
  北イタリア、パリ、東アメリカを旅行、美術研究
  又、月刊ギャラリー美術評論募集次席”画家阿部展也論”等
  
  現在に至る。
  作品は花シリーズといのちシリーズを主とします。

 
homeに戻る 取扱い作家たちに戻る
inserted by FC2 system