井口 大介



 
井口 大介
IGUCHI Daisuke

■略歴
1958  東京生まれ
1982  多摩美術大学絵画科油画専攻卒業
1992  ドイツ、ベルリンに滞在
1994  同年12月帰国

■個展
1981  銀座絵画館(東京)'82 '84
1985  スペース遊(東京)
1986  ギャラリーなつか(東京)
1988  ギャラリー射手座(京都)
  なびす画廊(東京)
1994  Kulturwerkstatt”westend”Bremen
  絵画とインスタレーション(ドイツ、ブレーメン)
1995  調布画廊(東京)
1996  ギャラリーなつか(東京)
1998  文房堂ギャラリー(東京)

■グループ展
1979  ルナミ画廊(東京)
  日仏現代美術展(東京都美術館、京都市美術館、パリ・グランパレ)
1981  表現の布置展(横浜市民ギャラリー、神奈川)
1982  現代美術の最前線’82(画廊パレルゴン、東京)
1983  Symbolic City(画廊パレルゴン、東京)
  SCENE(銀座絵画館、東京)
  Photo Express from Tokyo
  (スペースWA、ニューヨーク/ ギャラリーミクロ、オランダ)
  ポリパラレルVol.1〜2(Gアートギャラリー/ ギャラリイK、東京)
1986  8人による小品展(スペース遊、東京)’87
  Image Machine―ニューウェイブの生成変化Vol.2(Gアートギャラリー、東京)
  絵画と彫刻と:Part2(スペース遊、東京)
1987  8作家による連続2人展:Part4(スペース遊、東京
  第2回犀川国際アートフェスティバル’87
  (長野東急百貨店、信州新町美術館、長野)
1988  赤い芸術<言語のコンフリクト>(スペース遊、東京)
  ハイネケンギャラリーズバーCHAYAZAKA(ハイネケンギャラリー、東京)
  第24回今日の作家展<多極の動態>(横浜市民ギャラリー、神奈川)
1989  SMALL SIZE COLLECTION(ギャラリーなつか、東京)’91
  JAPANESE CONTEMPORARY ART IN THE 80’-90年代へのプロローグ
  (ハイネケンビレッジ,東京)
  ドローイングの原系(ギャラリーなつか、東京)
1990  IWork On Paper(ギャラリー古川、東京)
  第3回ホルベインアクリラート展(目黒区美術館、東京)
  ギャラリーミュウ(神奈川)
1991  第3回神奈川アートアリュアル(神奈川県民ホールギャラリー)
1996  第3回VOCA展’96現代美術の展望―新しい平面の作家達
  (上野の森美術館、東京)
  ピースメッセージ(Zoom, 東京)
  アトピックサイト、キャンプオンキャンプ、C.L.Iプロジェクト参加
  (東京ビッグサイト)
1997  ing交錯展’97(T&Sギャラリー、東京)
1999  第34回今日の作家展、コンセプチャリズムの新たな展開
  (横浜市民ギャラリー、神奈川)
2000  文房堂ギャラリー(東京)
2001  ぎゃらりー由芽(東京)
2002  ブライトンドデート(オデンセ市ブランツ美術館、デンマーク)
2004  ぎゃらりー由芽(東京・三鷹)
  第13回小さな国際美術展(新宿タカシマヤ、東京)
  戦後美術のもう一つの場所、あるサラリーマンによるコレクション
  (福井県立美術館、福井)
  パスワード展(ccga現代グラフィックアートセンター、福島)
  齋藤義重 生誕100年周記念、表現される現在2004 part1
  (T&Sギャラリー東京)
2005  ぎゃらりー由芽(東京・三鷹)
  今日の反戦展(丸木美術館、埼玉)
  韓日.日韓5世代の対話展(丸木美術館、埼玉)
  エコとエゴのはざまで、プレ展(川口アートファクトリー、埼玉)
2006  ぎゃらりー由芽(東京・三鷹)
2007   新春小品展 ぎゃらりー由芽(東京・三鷹)


■所蔵
横浜市甲南病院
三重県員弁町立員弁中学校ホール陶壁画
現代美術資料センター
“Westend”ブレーメン、ドイツ
三鷹市民ギャラリー
福井県立美術館
周南市美術館

 
homeに戻る 取扱い作家たちに戻る
inserted by FC2 system